省エネしすぎて風邪引いちゃったら意味ないじゃん

皆さんは、病気などをしてしまい、周辺の人に心配をかけてしまったことはあるでしょうか?僕はあります。つい先日の話なのですが、40度以上の高熱を出してしまい、学校の友人に叱られてしまったのです。

ザクシア(国産車用) - バッテリー - アポロリテイリング

僕は現在、京都にある大学に通っていますが、実家は九州の鹿児島です。親元から離れて一人暮らしをしている格好ですが、我が家はあまり裕福では無く、何とか大学の費用だけは両親が工面してくれているものの、借りているアパートのお家賃や光熱費、生活費はすべて自分で稼いで暮らしています。

蓄電システム e-Pocket|セキスイハイムのスマートハイム

そのため、夏や冬などの寒暖が厳しい時期は、正直光熱費がかなりキツイ状態になりがちです。この前の夏も、つい冷房を使いすぎてしまって、気がついたら光熱費が1万5千円を越えてしまっていました。

太陽光発電 電気代

この冬は何とか暖房を使わずに過ごそうと、自宅アパートにいる間は服をいっぱい着込んで過ごしていたのですが、結局ひどい風邪を引いてしまい、大学の友人に看病に押しかけられるはめになったのです。
どこで僕が寝込んでいるか聞いたかは不明ですが、アパートにやってきたその友だちが開口一番発した言葉は、「省エネしすぎて風邪引いちゃったら意味ないじゃん!」でした。本当に一体誰から「僕が省エネのし過ぎて風邪を引いて寝込んでいる」ことを聞いたのでしょう。少なくとも、僕は大学に「風邪引いてしばらく休みます」くらいしか連絡してなかったのですが、不思議なこともあるものです。