競売物件購入のデメリット

前の項で不動産競売のメリットについて見てきました。中古市場価格よりもさらに二、三割も安く手に入れられ、かつ所有権移転登記などといった複雑な手続きも、裁判所相手にスムーズにおこなえるという利点もあり、いいことずくめに感じられた人も多いかも知れません。しかし、やはり競売物件を購入するデメリットもなきにしもあらずなのです。回避できるデメリットもありますので、慎重に理解していきましょう。

まず、通常の不動産の購入ならば、事前に物件のすべてを下見することができます。しかし競売物件の場合は、必ずしもそうではありません。法改正により、内覧日という制度が設けられ、以前よりも情報の取得が容易にはなりましたが、それでもすべてではありません。ですので、自発的に内覧以外の日にも何度か足を運び、物件を確認したり、内部写真や間取りなどの図面を精査する必要があります。

建築相談、表示登記相談、交通事故相談、相続遺言・成年後見・許認可等相談、不動産取引相談|武蔵村山市公式Webサイト

また、一般の不動産売買であれば、不動産代金の支払いは、物件の引き渡しを待ってからになります。しかし競売では、定められた期間内に支払いをしなければなりません。万一購入した物件に、悪質な占有者がいた場合には、落札者自身が費用をかけ、立ち退きと明け渡しの申し立てをおこなう必要があります。

仙台 競売

また、通常の不動産売買であれば、例えば、水漏れなどのトラブルがあった場合に、直接売主に責任を追及できますが、不動産競売で入手した物件については、売主である裁判所に苦情を申し立てることは出来ません。物件の破損箇所などを理由に、補修費の請求や契約取り消し等を訴えることは認められないので、事前の調査など十分な注意が必要になります。

住宅用家屋証明書の申請案内|葛飾区

さらに、不動産競売参加には、保証金が必要になります。一般の不動産売買の場合においても、手付金を支払うのが通常ですが、不動産競売の場合には、買受けを希望する人は、最低競売価格の二割程度の「買受保証金」を納付する必要があります。これは物件ごとに定められている最低競売価格の二割という意味です。

上記のことをすべて満たしていても、あくまでも競売入札という形式ですので、必ずしも希望の物件を落札できるとは限りません。どれほど時間や、調査の費用などをかけても購入できないケースもありますので、その点については常に念頭に置いておきましょう。