歯並びを気にする人が最近増えているらしい

皆さんは自分の歯を入念にチェックしたことがあるでしょうか。歯の悩みというのは、虫歯や歯周病などの歯そのもののトラブルだけではなく、歯並びなどの審美的な部分にも存在しています。そのような歯並びはいつの時代も美しさの象徴とされていたものですが、最近になって特にその歯並びを気にする人が増えているらしいのです。

欧米では八重歯は嫌われますか? : 生活・身近な話題 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

なぜ歯並びを気にする人が増えているのか、その理由として考えられるのは現代の日本人の多くに歯並びが悪くなっている傾向があるからです。そして、その背景には日本の食生活の変遷が大きく関連しています。

抜歯の治療費・費用・料金・値段

欧米文化が大量に流入してくるまでは日本人の食事は粗食が基本であり、玄米や硬い根菜類など顎を良く使って食べる食事が一般的でした。そのような食事を取ることによって、顎周りの筋肉が屈強になり顎の大さも十分ありました。しかし、欧米の食文化が一般的になった現代ではそれほど噛まずに飲み込める食事が多くなったことから、顎が細くなってしまい歯が真っ直ぐ綺麗に生えるスペースを無くしてしまっています。それゆえに、多くの人の歯並びが悪くなってしまい、それを気にする人が増えてきているのです。



歯並びを気にする人が多くなっている裏付けとしては、歯列矯正を行っている人の増加も挙げられるでしょう。少し前であれば歯列矯正は面倒だとか、お金がかかるとか、矯正器具が目につくという理由で敬遠されていた傾向があります。しかし、最近であれば比較的歯列矯正の方法も手軽になってきたほか、歯並びを整えることは大切であるとの理由から市民権を得てきました。このようなことからも、歯並びを気にしている人が増えていると実感できると考えられるでしょう。