私が大家さんが苦手な理由

私が大家さんが苦手な理由、それは大嫌いな自分自身に似ているからです。私自身、もともと自分の事嫌いだったわけではもちろんありません。むしろ親切で優しくてきっと他人から感謝されていると思ったし好かれているって思っていたし、好かれたいっていう欲望に溢れてました。

そんな私にある出来事が起こりました。親友が自殺したのです。親友と呼べた彼女とは小学生時代からの友達でした。中学校、高校も一緒でした。なんでも話を言い合える仲でした。だから彼女が大学の教授を好きになってしまったのっていう話を聞いたときは、勝手に好きになるのはいいけど、不倫だけは絶対にダメだよ。ほら高校の時の友達の○○ちゃんちも両親が不倫して凄い彼女苦しんでたじゃん。不倫なんて最低の行為だと思うから絶対に駄目だよって、そんな事を自分自身で言ってたくせに私は不倫してたのです。

他人から好かれたいっていう人間って結局どこか歪んでると思う。本当に好かれている人って好かれたいからしてるんじゃなくて、相手が勝手に好いてるんだよね。自分は不倫してるくせに親友には駄目なんて、親友の為に言ってたって思ってたのに親友は私が思っている以上に私の言葉っていうか意見を重んじてくれたみたいで不倫している自分が許せなくって自殺したのを遺書で知ったのです。私の言葉できっと鬱病になっていたんだろうなっていうのも感じられた時、自分の事が許せなくなりました。

私が今まで親切で優しくて他人から感謝されていると思っていた事って自分の傲慢さからきているってわかったからです。大家さんがなんとなく自分にダブって見えてしまうのです。なので、大家さんには申し訳ないけれど苦手なんです。